消費者金融のカードローンはスピード審査と自動契約機によるカード発行が特徴!

  キャッシング契約を検討する場合、審査に掛かる時間や借り入れ可能になるまでの時間を気にすることが非常に多いと考えます。銀行カードローンなら金利や利用限度額が高いものの、審査に時間を要し、借り入れを急いでる場合は不向きです。
一方、消費者金融はスピード審査を得意とし、自動契約機により専用ローンカードを即日発行で受け取ることが出来ます。そのため、直ぐに借り入れが必要という場合は心強い味方になります。借り入れ出来る金額は、審査結果により決まるものの。最高限度額は年収の1/3までとなります。しかし、少ない融資額であっても冠婚葬祭など突発的に現金が必要となるシーンでは十分なスペックを有しています。
最近では、消費者金融のカードローンでもサービス面が充実しており、返済は指定銀行口座からの引き落としが可能になっただけでなく、銀行口座へ振込で融資を受けられるサービスもあります。さらに、会員サービスが充実し、無利息サービスがあること、ポイントサービスによりお得に借り入れが出来るなど、銀行では難しいサービスも増えています。
銀行で提供が難しいサービスの最たるは、自動契約機が利用出来ることであり、ローンカードが自宅へ到着するのを待つ必要がありません。 

消費者金融の審査の実態

  ヤミ金や認可の無いものは例外の話です。消費者金融の審査は、在籍確認が取れる仕事をしていて身分を証明できる物があり特定の居住区がある。これが最初の条件で、その先に申込者の借入状況などの審査です。信用情報機関の情報により、借入状況や延滞や未納、債務整理や自己破産を確認されます。基本的に個人借入枠を越していないと審査は通ると思いますが、延滞や未納、債務整理や自己破産の情報があるとブラックリストと呼ばれる物に該当して、審査は落ちます。しかし、過去に延滞や未納があっても解決し月日がたっていれば、審査に通ります。債務整理をした人でも月日がたっていれば、審査に通る所も中にはあるみたいです。延滞中、ブラックリストは絶対に審査には通りません。信用情報機関は、2種類あり銀行系の審査は両方への情報を紹介するみたいで、基準は高いですが消費者金融は1種類の情報機関のみらしいので、銀行系よりははるかに審査通過の可能性は高いと思います。 

消費者金融の返済について

  消費者金融の返済方法は、基本的には毎月決まった金額の返済をします。
この毎月決まっている返済額を最低返済額、最少返済額とも呼びますね。
この毎月の返済を約定返済と言います。
毎月行うことによって、利息を払い、元金を減らしていきます。

約定返済の他に、繰り上げ決済というものがあります。
これは業者によっては、任意返済、追加返済など違う呼び方もありますので、使用する業者で確認をしておきましょう。
また、ほとんどは繰り上げ決済に対応していますが、対応していない業者もありますので、注意は必要です。

この繰り上げ決済は、毎月の返済とは別に返済をする方法です。
繰り上げ決済をする理由としては、利息を払う金額を減らすことができます。
すなわち元金を早く減らすことができるのです。
返済に余裕があるのなら、繰り上げ決済を行い、元金を減らして早めに完済することをおすすめします。

また、約定返済でも最低返済額以上の返済もほとんどの業者でできます。
こちらも合わせて行うとより、返済がはやく済みます。 

消費者金融に返済が出来ない!そんなときの対処法

  最初に契約したときや、借り入れを行ったときは、おそらく誰もが「返済できない」という状況にならない前提でいます。
しかし、病気や怪我、失業や災害などが起これば、その限りではありません。
不測の事態は誰にでも起こりうるものです。

もしも「消費者金融への返済が出来ない!」という事態に陥りそうな場合は、まず、それが把握した時点で、消費者金融に連絡を入れましょう。
その際に大切なのは、
・いつなら払えるのか
・いくらなら払えるのか
などの具体的な返済の相談を行うことです。

滞納の連絡をするのは怖い、と思うかもしれません。
しかし払わずにいれば、電話や郵便で督促が入ってしまいます。
そうなる前に連絡を入れるのが重要です。
もしも、うっかり返済日を過ぎてしまった場合も同様に、連絡を入れて支払い予定について伝えるようにしましょう。

複数回に渡り支払わなかったり、数ヶ月滞納したりすると、信用情報がブラックとなってしまい、新たな借り入れが出来なくなることもあります。
そういった事態を招かないよう、まず計画的な借り入れを行い、どうしても返済できない場合、きちんと連絡をすることが大切です。 

消費者金融の在籍確認でキャッシング契約が職場にバレのが心配・・・

  消費者金融のキャッシングローンを契約する際、勤務先へ在籍確認の電話がされることでバレるのが心配という方は少なからずいます。
しかし、在籍確認を行う際はプライバシー保護を最優先としており、消費者金融が会社名を名乗り電話をすることはなく、担当者の個人名で電話があるのが一般的です。
ですが、勤務先に個人宛の電話が殆どない方や勤務中は電話に出られない方など心配は残ってしまいます。
そこで、消費者金融のキャッシング審査を受ける際は無人契約機を利用し、事情を説明することで社員証や源泉徴収票、そして給与明細で確認の電話を免除してもらうことが可能です。社員証の場合、勤務していなければ発行はされず、給与明細や源泉徴収票にもしっかりと会社名と住所が記載され、在籍を証明出来ます。
また、電話があったとしても、本人不在または業務上の都合で電話応対が出来ない場合でも、契約内容を伝えたりすることがなく、在籍確認も終了するため不安に考える必要がありません。
そもそも、銀行のローン審査では在席確認が必ず電話で行われることとなり、銀行なのか消費者金融なのかは判断出来ない上、ローン審査と分かってもキャッシングまで把握することは殆ど不可能です。 

借り入れは、セゾンで大丈夫

  東京で、給料はそんなに高くはありませんでしたが、病院に勤めていた時にセゾンのカードを西友で作りましたが、とても短時間で簡単に作れました。その時のショッピングの限度額は10万円で、キャッシングは、忘れましたが、結構ありました。
始めてカードを作ってから、20年位使っています。
セゾンのカードは、マスターカードで、全世界で使える事が良い事だと思います。
また、スタッフも親切で綺麗で丁寧で、カストマーサービスが充実しています。
また、一度私のカードが、インドネシアで使われた時の対応も良かったです。
でも、少し困る事は、支払いの日に三回支払えないと、カードが使えなくなる事です。
ですから、私もカードが使えなくなり、信用のポイントが下がるのが嫌なので、どうしても支払い日には、きちんとお金が預金されているように心がけています。
また、セゾンの窓口は、車で30分行ったところにあり、もし支払い日に払えなくても、窓口で払えるので便利です。
セゾンカードは、とても信用があり、限度額を越さなければ、必ずオンラインで、購入したり、お金を送る事が出来るので大変便利です。