レイクは総量規制対象外のカードローン!

  レイクと聞くと消費者金融のキャッシングというイメージを持つ人が多い筈です。確かに、かつてレイクは消費者金融として非常に高い知名度がありました。
しかし、現在では新生銀行が提供するキャッシングサービスとなり、総量規制対象外のカードローンとなり、年収の1/3までの貸し付けという制限がありません。
提供されている無利息サービスや金利、無人契約機で契約が可能という点では、消費者金融と認識してしまうことがあります。
しかし、銀行法が適用される新生銀行が提供するキャッシングとなり、貸金業法が適用される貸金業者ではないのが事実です。銀行カードローンとしては、金利が若干高めではあるものの、無人契約機で手軽に申し込みが出来る他、短期間かつ1回の借り入れであれば非常にお得な無利息サービスが特徴的です。
さらの、インターネットから契約が出来る上、カードレスでキャッシングが出来るという点では借り入れを周囲に知られたくないという方には魅力的なキャッシングになります。 

レイクのカードローンは消費者金融より審査基準は高め!

  レイクのカードローンというと、消費者金融とイメージしてしまいますが、新生銀行が提供するカードローンとなり、総量規制の対象外です。
つまり、利用対象者の基準は、給与所得がある方以外に専業主婦や年金受給者でも審査を通過すれば契約が可能です。
審査自体は、スコアリング判定や個人信用情報の照会が行われ、保証委託先の新生フィナンシャルの保証可否審査を受けます。
審査においては、職業属性や勤続年数、他社借入件数や金額といったことが返済能力を判定され、正社員かつ勤続年数も長くなれば、安定した収入あると判断でき、他社借り入れが少なければ審査条件としては有利になります。勤続年数としては、6ヶ月以上勤務しているのが一定のラインとなり、より安定した収入を証明するためには1年以上の勤務が望ましくなります。
また、個人信用情報の照会においては、銀行が利用する個人信用情報期間の情報も開示されるため、自己破産や個人再生など官報に情報が残っている方は審査を通過出来ません。
また、申し込みブラックや他社借入における取引状況で金融事故が無いことが重要になります。申し込みブラックは、多重債務のリスクや信用度が低いということで審査の一番初めで弾かれてしまうことになり、前回の申し込みから6ヶ月以内の申し込みは絶対に避ける必要があります。
さらに、金融事故情報については支払延滞の情報であっても、個人信用情報期間であるCICにおいて5年間の管理がされているため、審査落ちの原因となってしまいます。
レイクの審査は、大手消費者金融より難易度は高めです。しかし、銀行カードローンの中では金利が高いということから、スコアリング判定上の与信が状態には柔軟な対応が期待できます。 

レイクのキャッシングは夜の付き合いがある方におすすめ!

  サラリーマンの場合、どうしても仕事上、夜の付き合いが多くなってしまう方も少なくはない筈です。付き合いの途中で、財布の中に現金の手持ちがない場合、レイクのキャッシングは便利かつお得な面があります。
今では、コンビニATMを利用することで銀行や消費者金融のキャッシングローンを利用することが出来ます。しかし、コンビニATMの場合、金融機関によっては取り扱い時間が決まっていたり、利用手数料が108円または216円も掛かってしまいます。さらに、提携していないコンビニATMもあり、借り入れに困ることもあります。
ですが、レイクの場合はコンビニATMとして、セブン銀行、ローソンATM、そしてイーネットATMがほぼ24時間利用出来る上、手数料が無料となっています。また、コンビニATMを利用して追加返済する場合でも利用手数料が掛からないという点は非常に魅力があります。
特にサラリーマンで、出張が多い方など利用出来るコンビニATMが多いため、最小限の限度額で契約しておいても損はありません。