モビットなら2種類の借り入れ方法が選択できる!

  キャッシングというとカードローンというイメージが強く、専用ローンカードでATMから借り入れが出来ると考えるのが一般的です。多くの消費者金融では、専用ローンカードを発行し、専用ATMや提携ATMを利用出来るようにしてしますが、モビットは少し異なります。
従来通り、専用ローンカードで借り入れが出来るだけでなく、カードレスで借り入れが可能になっています。特にカードレスの場合は、インターネットからWEB完結で申し込みから契約手続きを済ますことができ、無人契約機または郵送によりローンカードを受け取る必要がありません。
モビットの場合、審査申し込みを行った後、審査結果を受けて入会手続きを済ますことができ、スマホやパソコンで手軽に手続きをすることが出来ます。大手消費者金融でもローンカードの郵送が未だに一般的であり、中小消費者金融の場合においては契約書類の郵送が行われます。しかし、モビットの場合はカードレスを選択することで借り入れまでの手間を省くことが出来る上、ローンカードの到着を待つ必要がありません。さらに、自動契約機で専用ローンカードを受け取ることも不要になる点では魅力があります。 

モビットの審査基準は返済能力が重視される傾向にある!

  キャッシング契約において、スコアリング判定や個人信用情報の照会といった審査が行われるのは一般的です。モビットも同様であり、個人信用情報を照会した際、申し込みブラックや金融事故情報がある場合、審査を通過することは初めから無理です。
しかし、信用状況が悪くないのにも関わらず、審査落ちしてしまうことはあり、収入と他社借り入れ、そして希望限度額にバランスにあります。
モビットはこのバランスを重視する傾向にあり、収入を過大に記載してしまったり、他社借入件数と金額が多いと審査に不利になってしまいます。
ここで他社借入については、信販会社のローンすなわちクレジットカード分割支払いやリボ払いも審査結果に反映されてしまいます。
また、これまで借り入れを行ったことが無いのに審査落ちするケースとしては、収入に見合わない限度額を希望することが影響します。
もし、審査通過率をアップするのであれば、クレジットカードの分割およびリボ払いを減らし、希望する限度額も低くして申し込むのがポイントです。 

勤務先に在籍確認の電話を行って欲しくない方にはおすすめ!

  モビットを申し込みする際、通常のカード申し込みとWEB完結を選択することが出来ます。WEB完結を利用する条件として、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を開設していることが必要となるものの、審査結果が通知された後、入会手続きを済ませることで利用が可能になります。そのため、郵送物や契約書から周囲に契約を知られるリスクが無くなります。
そして、消費者金融のキャッシングを利用する際、勤務先に在籍確認の電話があることで『勤務先にバレる』という心配があります。しかし、モビットならWEB完結を利用することで在籍確認の電話が回避出来ます。
そのため、勤務先に在籍確認の電話がされたくない、または滅多に個人宛の電話が来ないというような方が安心して契約をすることができおすすめです。WEB完結の場合、銀行口座の開設により本人確認は完了し、社会保険証や組合保険証で勤務先も確認出来てしまいます。
どうしても、在籍確認の電話を回避したいと考えている方であれば、WEB完結を利用するのがおすすめです。