プロミスは金利が若干低め!さらにサービス面でも充実!

  プロミスの特徴は、他の大手消費者金融に比べ、最大金利が17.8%と0.2%ほどお得な点にあります。今では、無人契約機での契約以外にインターネットからWEB完結で審査申し込みから系や手続きまで行えるのが一般的です。
たかが0.2%の金利差と言っても、年間利息で考えれば少なからず影響が出始め、長期返済ともなると将来的に返済する利息に大きく影響します。
ですが、プロミスの特徴は金利が他社に比べ低いだけでなく、無利息サービスが異なる点、会員サービスが充実しているところが最大の特徴です。
大手消費者金融は今では無利息サービスが当たり前になっていますが、『契約日の翌日』からの適用が通常であるものの、プロミスの場合はメールアドレスの登録とWEB明細の利用をすることで初回借入からの適用になります。つまり、無利息期間を無駄なく利用出来るのがポイントです。
また、会員サービスの充実面では瞬フリにより24時間、口座への融資が受けられるため、万が一に口座残高が不足した場合でも支払いを滞ることを回避出来ます。
さらに、ポイントサービスを最大限に利用することで、借り入れや返済時に掛かるATM利用手数料が削減出来るだけでなく、再度一定期間の無利息サービスが受けられます。 

申し込みする際は勤続年数や収入だけでなく、他社借り入れ状況や事故情報に注意が必要!

  プロミスのキャッシング契約は誰でも契約出来るというものではなく、審査を通過する必要がありますが、新規契約の審査通過率は41~44%程となっています。
審査は、スコアリング判定や個人信用情報の照会により行われ、職業属性や勤続年数、他社借入件数や金額といったことが返済能力を判定することとなります。
正社員かつ勤続年数も長くなれば、安定した収入あると判断でき、他社借り入れが少なければ返済に余裕があることとなります。勤続年数としては、6ヶ月以上勤務しているのが一定のラインとなり、より安定した収入を証明するためには1年以上の勤務が望ましくなります。これは、源泉徴収票により年収や可処分所得が分かるなるためです。
また、キャッシング契約をする際は、申し込みブラックや他社借入における取引状況で金融事故が無いことが重要になります。申し込みブラックは、多重債務のリスクや信用度が低いということで審査の一番初めで弾かれてしまうことになり、前回の申し込みから6ヶ月以内の申し込みは絶対に避ける必要があります。
さらに、金融事故情報については支払延滞の情報であっても、個人信用情報期間であるCICにおいて5年間の管理がされているため、審査落ちの原因となってしまいます。 

プロミスは消費者金融でも金利や手数料を気にする人におすすめ!

  プロミスのカードローンは、消費者金融の中でも金利が低いというのが特徴です。他大手消費者金融の金利が18.0%に対し、プロミスの場合は17.8%となるため、少なからず将来的な利息に差が生じます。
また、会員サービスにはポイントサービスがあり、一定ポイントを使用することで無利息サービスを利用出来ます。そのため、プロミスはより効率的に返済を行い、総返済額を減らしたいという方にはおすすめです。
さらに、プロミスは専用ATMや提携ATMが充実しており、専用ATMであれば借り入れや返済手数料が無料になります。提携ATMを利用する場合でも、ポイントサービスを利用することで手数料が無料となり108円または216円をカットすることが出来ます。
特に通常の返済は口座振替を行い、余裕のある時には任意返済により早期返済を行いたいと考える方には手数料が無料になるのは大きなメリットとなります。少しでも利息や手数料による無駄を減らしたいという方にはおすすめです。